Home > 観光情報 > 歴史・文化 > 美濃和紙の里会館

美濃和紙の里会館/みのわしのさとかいかん



第1展示室

和紙の歴史や紙すきの技術、全国の和紙の産地を紹介しています。

第2展示室

多彩な形態をとって生まれ変わる和紙、その奥の深さと幅広さ、未来への可能性を紹介しています。

売店・ショールーム

和紙、和紙を使ったインテリアや小物などを展示販売しています。

ワークショップ

紙すきの実演、体験ができます。自分で漉いた和紙にオリジナルの模様を付けることも可能です。

体験メニュー詳細

伝統と未来への可能性を秘めた紙彩の世界

美濃の里山で1,300年前から漉かれ続けてきた美濃和紙の歴史や技術、和紙の素晴らしさや未来への可能性を、さまざまな視点から紹介しています。美濃和紙の歴史や技術、現代における和紙の展開と未来の可能性を紹介する常設展示室のほか、紙をテーマとしたユニークな企画展も行っています。



詳細
住所 岐阜県美濃市蕨生1851-3
電話 0575-34-8111
開館 am9:00〜pm5:00
休館 火曜日、祝日の翌日、12月29日〜1月3日
※火曜日が祝日の場合は翌日休館
入場料 大人 500円 小中学生 250円
団体(20名様以上)大人450円 小中学生200円
※旧今井家住宅・美濃和紙あかりアート館との3館共通券
=大人(高校生以上)800円


アクセス




モデルコース 宿泊・温泉 位置・アクセス